会社概要沿革経営理念統合MS方針統合マネジメント規定許認可等アクセスマップ外国人技術員受入
統合MS方針
わが社は労働安全衛生・品質・環境の統合マネジメントシステムを基本業務システムとして、
経営方針を達成するため、常に目的・目標・ゴールを明確にして手段・方法・やり方を駆使すると
共に、日常の活動の維持・向上を目指す。

1. 労働安全衛生・品質・環境の3つの重点項目について目的及び目標を設定し、妥当性を毎年見直すと
  共に統合マネジメントシステムの継続的改善に努める。
2. 当社に関連する法令、協定その他の要求事項を遵守する。
3. 汚染の予防に努める。
4. この方針はホームページ等で広く一般に公表する。

重点項目
下記の重点項目を受け、クオータごとに具体的な目標を設定して展開する。

1.感電事故・墜落落下時事故・交通事故の防止。
1 〈ステップアップスローガン〉を掲げ、無事故・無災害を継続する。
2 安全に関する会議の開催・教育を実施し、全ての人の衛生と安全(傷病、疾病)を防ぐ。
3 現場にてKYミーティングの実施・新規者の安全教育を実施する。

2.地球環境保全に対する意識強化。
1 コミュニティの形成から事業に展開、お客様の省エネ・コストダウンに貢献する。
2 省エネ商品の開発を率先して行い、国内外での販売を目指す。
3 環境配慮に関する法的処理(マニフェストやPCB残存チェック等)・節電・ゴミの分別を積極的に促す。

3.統合マネジメントシステムから統合サービスをお客様にご提供。
1 メンテナンス業務の結果より省エネ・コストダウンをご提案する。
2 お客様へ[品質][コスト][納期]の3つを提供する事で信頼を得る。
3 わが社の商品・サービスを[お客様の労働安全衛生][お客様の品質確保]
[お客様の環境配慮に役立たせる]

4.方針管理/目標管理の強化。
1 5W1Hを基本としたPDCAのサイクルアップの速度を上げる。
2 改善目標設定と進捗管理を強化する。
3 自主改善ルールを設定する。

5.教育・能力確保の強化。
1 計画的な教育訓練を推進する。
2 業務手順書の充実を測る。
3 新しい技術・資格の獲得、適切な人材の採用。
このページの先頭へ